高齢者の交通事故

国道で77歳の運転する車が家族3人の乗る車に衝突 逆走した女性死亡

千葉県の国道で28日、逆走した77歳女性の車が親子3人の乗った車と衝突した
さらに親子の乗った車に後続の車1台が追突し、親子3人はけがを負った
逆走した車を運転していた女性は腰を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。

軽乗用車2台が正面衝突 高齢者の車が逆走か 
18日午後11時半ごろ、山形県上山市の国道13号で軽乗用車2台が正面衝突する事故が発生した。

夫婦とみられる高齢の男女が死亡した。対向車に乗っていた家族3人も重軽傷を負った。共同通信が報じた。

現場は中央分離帯がある片側2車線で、緩やかな左カーブだという。

死亡した男女の車が逆走していたとみられ、警察は詳しい状況や身元を調べている。

「アクセルを踏んじゃった」80代がコンビニに車突っ込む

2018年8月29日 7時27分
ざっくり言うと
北海道函館市で28日、コンビニに乗用車が突っ込んで女性客が軽いケガをした
80代運転手が、アクセルとブレーキを踏み間違えたことが原因とみられている
運転手は「やっちゃった」と話し、警察が当時の状況などを詳しく調べている

 

以上3例は何処にでもあるような交通事故ですが、高齢者の交通事故が非常に多いことが伺われます。

平成28年の交通事故の免許取得者10万人当たりの死亡事故件数では
75歳以上・・・8.9人
75歳未満・・・3.8人
です。

詳しいデータ以下にあります。
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h29kou_haku/zenbun/genkyo/feature/csv/tok01-10.csv

原因は年齢や体力,過去の経験等によって大きな個人差が認められるものの,一般的に次のようなことが考えられます。
視力等が弱まることで周囲の状況に関する情報を得にくくなり,判断に適切さを欠くようになること
反射神経が鈍くなること等によって,とっさの対応が遅れること
体力の全体的な衰え等から,運転操作が不的確になったり,長時間にわたる運転継続が難しくなったりすること
• 運転が自分本位になり,交通環境を客観的に把握することが難しくなること
などが挙げられており,これらの特性が,75歳以上の運転者が死亡事故を起こしやすい要因の一つになっているものと考えられています。

視力、体力、判断力、反射神経は年齢と共に衰えるのや役を得に事かもそれませんが、衰える時期を遅らせることは可能なはずです。

今、まだ多少の余裕のある時期、まで元気で日常生活をこなしている時期こそ、

ラストチャンス今日から健康長寿を目指して、気力・体力・思考力アップにチャレンジしてみてください。

気掛かりな方は当サイトの

楽天ランキングジャンル別1位獲得の、おめがさん です。
1位獲得ジャンルは、DHA・EPA部門・イチョウ葉部門の2部門になります!
成分はバランスよく配合しました。DHA・EPAはもちろん、クリルオイル、エゴマ油といった、
オメガ3脂肪酸をたっぷり配合しています。
「オメガ3脂肪酸」は目、脳、体全体の健康を考えた時、間違いなく必要な成分です。

おめがさんを摂取して安全な車の運転に心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です