腸の老化予防

腸の老化を遅らせれば、健康で長生きできます!

臓器にはそれぞれ寿命ともいえる持ち時間があり、中でも腸は最も老化しやすい臓器であることが研究の結果で判明したそうです。

腸は食物の消化吸収のため、長時間酷使されるので、「腸の残り時間=人の寿命」と指摘されています。
その研究では、従来は脳が起点となって各臓器に指令を出し、それに従って臓器が動くと考えられてきましたが、それとは逆に各臓器から脳に指令が届き、その情報に基づいて脳が全身に指令を出すことが分かってきたとのことです。

 

おなかの調子が悪いと不機嫌になるし、気力や体力もうせてきます。

「これは腸から脳に指令が伝わっている証拠です」
腸は臓器の中でも特に指令を多く出すため、その機能が衰え、脳に指令が行き届かなくなると、他の臓器に甚大な影響を与える。腸が人の寿命を左右するといわれるゆえんです。

 

この腸の老化を最も自覚しやすいのが便秘で、年を取るとほとんどの人が便秘気味になってくるし、おならや便が臭くなるのも老化の兆候です。

しかし、これらはあくまでも一部の症状にすぎません。

 

腸の老化状況のチェック項目を列記します。

①便秘気味(または時々下痢をする)

②便が固く、スッキリ出ない

③便の色が茶褐色または黒っぽい

④おならや排便後の臭いがきつい

⑤野菜嫌いで、あまり食べない

⑥肉食や外食が多い

⑦牛乳や乳製品が嫌いでほとんど食べない

⑧運動不足を自覚している

⑨顔色が悪く、肌に艶がなく老けて見える

⑩ストレスが多く、飲食や喫煙量が増えた

チェック結果

1~2個・・・実年齢と腸年齢はほぼ同じです。

3~5個・・・腸年齢は実年齢+10歳「生活習慣の改善(運動・ストレス解消等々)」

6~8個・・・腸年齢は実年齢+20歳「悪玉菌が増加して、腸がギブアップ寸前(野菜中心・乳酸菌摂取・運動生活)

9個以上・・・腸年齢はヨボヨボ「危機感をもって生活改善を!重大な病気が潜んでいることが考えられます」

 

腸内環境を改善するには善玉菌を増やす
腸内には、およそ100種類・100兆個以上の腸内細菌が生息するといわれています。

その中でも身体に有用な善玉菌と有害な悪玉菌、その中間的な存在の中間菌の3つのグループが存在し、腸内でバランスをとりながら共存しています。

 

腸内環境には、腸内細菌が深く関わっており、腸内環境がよい状態とは、腸内細菌の中で善玉菌が優勢な状態のことをいいます。

善玉菌は、腸の活動を活発にしますが、その他にもビタミンを生成して栄養を補う働きをしています。

 

また、便秘も腸内環境と深い関わりがあり、便秘によって腸内の老廃物の腐敗が進み有害物質が生成されます。

それによって、悪玉菌が優勢な状態になり腸内環境が乱れます。

腸内環境を整えるためには、生活習慣を整えることはもちろん、便秘を改善することや善玉菌を増やすための食生活の改善などが大切です。

腸内環境の改善効果がある食べ物
腸内環境を改善するには、規則正しい生活や食生活の改善、十分な水分補給、排便、適度な運動やリラックスをすることが大切です。

食物繊維で便秘を改善
食物繊維は、腸内環境を整える働きをするため、便秘の改善に期待できます。

食物繊維が豊富な食品を積極的に摂取するように心がけましょう。

食物繊維を多く含む食品には、緑黄色野菜、ごぼう、たけのこなどがあります。

適度な脂質を摂取する
脂質に含まれる脂肪酸が大腸を刺激して、腸の動きが活発になると考えられています。

糖分は腸の動きを活発にする
糖分の多い食品は腸管内の発酵を促進するため、大腸の動きを活発にします。

糖分の多い食品は、はちみつや砂糖、水あめなどがあります。

しかし、糖分の取り過ぎは、腸内のカンジダの増殖をおこして、腸内細菌のバランスをくずしてしますことがあり、注意が必要です。

有機酸を含む食べ物を摂取する
パイナップル、りんご、いちごなどの有機酸を多く含んだ食品を積極的に摂取するとよいでしょう。

イモ類や豆類を食べる
いも類や豆類、かぼちゃなど腸管内で発酵してガスを発生しやすい食品を摂ることで、腸内環境が整いやすくなります。

消化性でんぷんを摂取する
米飯に含まれる難消化性でんぷんは、食物繊維と同じ働きをします。

白米よりも七分搗き米や胚芽米、玄米などの精製されていないものの方がより効果があるようです。

お酒やコーヒーなどは控えめに
香辛料、酸味、カフェイン飲料などの刺激のある食品は控えめにするようにしましょう。

 

腸内環境を整える食べ物
腸内環境をよい状態に保つためには、上記の食品の他に発酵食や機能性食品、オリゴ糖などを摂取することをおすすめします。
ヨーグルトや乳酸菌を含む食べ物
ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズなどの乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を摂取することで、腸内の善玉菌の増殖に期待できます。しかし、ほとんどの善玉菌は腸にとどまることができないため、毎日摂取を続けることが大切です。

オリゴ糖を含む健康食品
オリゴ糖を含む食品を積極的に摂取することで、腸内にもともと存在する善玉菌の栄養分となって、増殖を促進します。オリゴ糖を含む食品には、たまねぎ、大豆、ねぎなどがあります。また、特定保健用食品にオリゴ糖を含むものもあり、食事とあわせて上手に活用しましょう。

腸内環境を改善するメリット
腸内環境が改善されることによって、以下のような健康効果に期待できます。
免疫力の強化
人の免疫機能の約7割を腸が担っているため、腸内環境を改善することで免疫力が上がりアレルギー症状の軽減に期待できます。
インフルエンザなどの感染予防
善玉菌が生成する有機酸によって、腸内環境が酸性化し、悪玉菌や病原菌の増殖や感染が抑えられます。
必須ビタミンを合成
善玉菌は腸内で必須ビタミンのビタミンB群やビタミンKを合成し、栄養素として供給します。

疲労感を減少
善玉菌が生成するビタミンB群が疲労回復に役立ちます。

体臭を軽減
善玉菌によって悪玉菌が減少させられるため、悪玉菌が生成するアンモニアや硫化水素が減り体臭が軽減されます。

便秘を改善
善玉菌が生成する有機酸により腸が刺激され排便を促進します。

肥満の防止
腸内細胞が生成する脂肪酸によって、エネルギー代謝をつかさどる受容体を刺激し肥満を予防します。

がんリスクが低減
善玉菌が増えることによって、悪玉菌がつくり出すがんの原因になるとも考えられる、アンモニアや硫化水素の生成量が減少し、がんのリスクが下がるのではといわれています。

まとめ

肉類や外食を避け、野菜中心で食物繊維が多く、乳製品を摂取して、適度な運動することが腸内環境を整え、腸年齢を若がえさせることは良く解りましたが、即実践不可能な方には腸内環境を整えるための補助食品などが開発されていますので、そちらも参考にしてみて下さい。

生酵素*乳酸菌+HMB

3つの本格成分が一気に摂れる

生酵素フローラ+HMB

 

飲むだけの全身美容サプリ

ケイ素de酵素

ディリック株式会社

BOOST毎日腸活
ネスレの機能性表示食品

日本初の便通改善成分入りドリンク

成分:生酵素、乳酸菌、HMB+12種のスーパーフード 成分:ケイ素、酵素、発酵ショウガ麹、ビフィズス菌 成分:グアー豆由来の食物繊維、ガラクトオリゴ糖
生酵素で健康な体づくり

乳酸菌で腸内環境の改善、

HMBで筋肉強化で美ボディメイク

老化はケイ素不足が原因

ケイ素は肌や皮膚、髪を生成するコラーゲンなどの再生力を補強する。

機能性表示食品

便通改善(2週間目でお通じの増加効果)

 

定期初回価格 780円(税別)

2日目以降 23%OFF 5980円(税別

通常価格 7800円(税別)

初回特別価格 500円(税抜)・送料無料

2回目以降  4980円(税抜)

12本入り 1000円(税込)・送料無料

定期便は18本で1500円(税込)

定期便2回目は4716円(税込)

30日間全額返金保証

その他特典多数

管理者一押しの商材です